« 石のはんこ Seals | トップページ | ひな祭り 色紙 ¥ 25.000 »

2018年1月31日 (水)

魅惑的な、墨絵と書の世界への扉を開けるパスワード、RAKU
硯の前で、深く息を吸い、墨を取り、静かに、墨を磨ってみましょう。まず、最初に感じるのは、
空中に広がる墨の匂い、奈良の松煙の匂いです。
墨、それは最古の画材ですが、その墨がそろそろ心に作用してきます。心を宙に浮かせながら墨を
磨り続けていると...いつか無心に...すると、心地よくなってきて、気持ちが楽になります。
そして、手が筆にのび、白い画面には詩的な墨の濃淡の画像が現れます。
白い紙ほど美しいものはありません。それは視覚的に静寂を表す究極の状態と言えます。
墨黒の滴り、染み込み、線が白い空間を襲うと、そこには、無数の対比が浮遊する新しい世界が
創造されます。
     無の中の存在、
     不均衡の中の均衡、
     抽象の中の写実、
     明の中の暗、
     そして、無の中の全体、
すべてが、墨絵と書の技の中で、完璧な調和を創出するのです。
イラン ヤニツキーImg_20150403_1449131_2


« 石のはんこ Seals | トップページ | ひな祭り 色紙 ¥ 25.000 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1903106/54595494

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 石のはんこ Seals | トップページ | ひな祭り 色紙 ¥ 25.000 »